飛蚊症

飛蚊症

■ 飛蚊症とは

眼内には網膜に接して存在する、卵の白身のような透明なゲル状のゼリーのような液体があって、これを硝子体といいます。
硝子体は、加齢とともにサラサラした液体とベトベトとしたゲル成分に分離していき、ゲルの骨格成分であるコラーゲンが凝集して、明るい光が入ってくると網膜に影を落とすようになります(硝子体の液化変性)。

この影を自覚するのが飛蚊症で、そのうち後方の網膜からゲル成分の硝子体が離れていきます。これを後部硝子体剥離といいます。後部硝子体にはコラーゲンの密度が高い部分があり、飛蚊症の自覚症状がさらにはっきりします。
このように飛蚊症は、加齢などの硝子体の液化変性や後部硝子体剥離で生じることが多いのですが、その際に網膜裂孔を伴うことがあります。またぶどう膜炎や他の原因による出血や炎症などで硝子体が混濁しても飛蚊症が生じます。

網膜裂孔を原因とする飛蚊症の治療

網膜裂孔だけで網膜が剥がれていないとき

網膜裂孔が生じても、網膜が剥がれていない場合は、網膜裂孔のまわりを凝固(糊づけのようなもの)して、網膜剥離への進行を予防できることがあります。
網膜凝固には、網膜光凝固と網膜冷凍凝固があり、凝固によって裂孔周囲の神経網膜と網膜色素上皮に瘢痕を形成し、神経網膜の下に網膜剥離を誘発する水分が流入するのを防ぎます。ただし、裂孔の大きさや硝子体がひっぱる程度によっては予防効果が弱いこともあり、治療の適応や経過観察の方法が異なります。

網膜が剥離していたら

網膜裂孔から網膜剥離に進行していたら、手術が必要となります。網膜剥離のタイプ(裂孔の大きさや位置、網膜剥離の進行程度、硝子体出血の有無、他の眼疾患の合併など)によって、手術の方法が異なります。手術は、強膜バックル術(強膜内陥術)と硝子体手術に大別できます。

クリニック情報

診療時間

診療時間
午前 09:00~12:30
午後 03:30~06:00

:手術(予約制)

休診日 土曜午後、日曜・祝日

クリニックのご案内

〒595-0804
大阪府泉北郡忠岡町馬瀬3-4-1

南海本線「忠岡」駅下車
東へ徒歩約8分、
緑水園公園の角入る

※緑水園公園の角の電柱に突き出し看板があります。分かりづらければ、クリニックにお電話ください。

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:0725-22-8180

駐車場約10台あり

PAGETOP
Copyright © 2018 あい眼科クリニック All Rights Reserved.